経済情報
米雇用統計 就業者数予想下回り勢い欠く結果に 10:29:43 05/05
伊藤忠は黒字確保 初の業界トップへ 資源価格低迷で明暗 11:30:37 05/06
農産物の安全認証制度 取得促進へ 03:43:43 05/02
中国 製造業の景況感悪化 新規受注伸びず 15:45:46 04/28
三菱自 4月の軽自動車販売が半減 燃費不正問題で 13:13:10 05/02
黒田総裁 円高の影響と市場の動向を注視 18:01:36 05/01
オキナワオオタチ 沖縄の水族館が世界初の飼育に成功 12:22:34 05/02
経済同友会の代表団 初のイスラエル訪問 13:39:16 04/28

ポイントカードを使わないと損な理由

POINT CARD どこのお店に行っても、ポイントカードはつきものですよね。

面倒くさいと思う時はありますが、使わないでいると年間数万円も変わってくることがあるんです。

せっかく作ったポイントカードをムダにしないためにも、活用するための知識を身に付けましょう。

気が付いたら貯まる

いつも通っているお店で、もしポイントカードを使わないとどうなるでしょうか? 同じように買い物をしても、ポイントカードがあるのとないのでは大違いです。

ショッピングや外食をあまりしないという人でも、日用品や食料品を購入するスーパーにPOINT制度があれば、ぜひ利用したいものです。

1回のポイント付与はわずかでも、回数を重ねるごとに増えていきます。 いつもの支払いのときにポイントカードを提示するほんのひと手間だけで、年間数万円もの差が生まれるのです。

気が付いたときには結構貯まったPOINTを確認すると、何だか得した気になりますよね。

貯まったポイントが使える

貯まったPOINTは商品券に交換できたり、買い物に使えたりします。

ANAマイレージクラブのマイルは、航空券に交換ができます。 ポイントカードの種類によっては、限定の商品に交換することだってできるのです。 上手に活用すれば、買い物1回分の支払いを浮かすこともできるのに、POINTを使わずに放置している人も少なくありません。

税金が掛からない

一般的には、何らかの収入を個人あるいは法人が得るとその収入は所得とみなされ、税金の支払い義務が発生します。

銀行の預貯金の利息を考えると分かり易いのですが、銀行預金の利息は受け取り時に20%分が税金(国税15%と地方税5%)として源泉徴収をされています。

ポイントカードに付いたポイントも銀行預金の利息と同様に収入と考えることができます。 ですが、現時点では得られたポイントには税金が掛かりません。

預貯金の利息は源泉徴収をされて税金が取られていることを考えると、ポイントカードにも税金が課されてもおかしくは無い様な気がします。

財務省の外局である国税庁が、ポイントカードに税金を課さない理由は税務署が個々人のポイント額を把握することが難しいからだと考えられます。 つまり、ポイントカードに付いたポイントは税金を掛けたくても掛けれないというのが実情だと思います。

ポイントカードに貯まったポイントは非課税なので、カード所有者が全てを使うことができるという点もお得な理由です。

登録が簡単!

中にはクレジットカードとポイントカードが合体したタイプもありますが、ポイントカード自体には審査も何も必要なく、サービスを利用する人なら誰でも発行できます。 特に面倒な登録をせずに発行できるものもあります。

もしお得にサービスを受けたいと思っているなら、ポイントカードは活用しないと損ですよ。

ポイントカードは貯まれば、購入商品の割引ができたり、お得な商品と交換をすることができます。 つまり、金券や商品券を持っているのと同じ働きがあります。 ですから、ポイントカードを作れる場合には積極的に作りましょう。 最近では、ドラッグストアや家電量販店、そしてコンビニでもポイントカードを発行することが多いです。 特に良く買い物をするお店にポイントカードがあるのなら、作らないとお金を捨てている様な物です。 また、作ったポイントカードは普段使っているお財布に入れておくようにしましょう。 折角、カードを作っても必要な時に家に忘れてきたというのでは意味がありませんからね。 折り畳み財布などにはカードを入れる部分が付いていると思いますので、そこに作ったカードを入れるようにしましょう。 そうすれば、現金を支払う時に同時にポイントカードを取り出すことができます。

スピーディに旅費を借入れ

友達と今月末の3連休に沖縄旅行に行くことが決まっていました。 ツアーだったのですが旅費が5万円、そしてその間のお小遣いとして3万円の合計8万円が旅費として必要でした。 ですが、現在、銀行口座に入っているお金を下ろして旅費とすると、それまでの生活費が足りなくなります。 もっとお金を貯めておけばよかったのですが、急きょ決まった旅行の話しだったので旅行費用の積み立てはできませんでした。

今から、旅行をキャンセルすると友達にも迷惑を掛けてしまうので、不足分のお金を借りることを考えなければなりませんでした。 親から借りるのは恥ずかしいし、一緒に旅行に行く予定の友達から借りるというのも嫌だったので、結局、クレジットカードのキャッシングを利用して信販会社からお金を借りる事にしました。 クレジットカードを作った時にキャッシング枠の申し込みはしなかったのですが、今持っているカードは10万円のキャッシング枠が設定をされていました。 ショッピングではクレカはたまに使いますが、キャッシングは初体験です。

ネットでお金を借りる為のキャッシング方法を調べたらコンビニの銀行ATMで借入れができることが分かりました。 自分が住んでいるアパート近くのファミリーマートにATMがあり、そこでキャッシングするために操作を行ったら、簡単に8万円を借りる事ができました。 まるで、銀行でキャッシュカードを使って預金を引き下ろしている様な感じです。 ですが、実際は、借りたお金なので、返済をしていかなければなりません。 自分のクレジットカードはリボ払いになっているので、毎月固定額が自分の指定銀行口座から引き落としとなります。 お金を借りることで思い出作りができるので、返済の間は節約して贅沢はせずに我慢をしようと思っています。 [追記]